読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

episode8〜術前処置〜

手術前日、子宮頸管を拡げる前処置のために産婦人科へ行く。

 

もう私に検尿も体重測定もなかった。

そんなことすらも戦力外通告された気分になる。

 

ネットを調べまくってしまっていたので、この前処置についても産婦人科看護師並みに知識がついてしまっている私。

 

こういう時ネットの普及は良くないといつも思う。なのに調べずにはいられない。

 

いつもと同じように内診台へ。

経膣エコーの不快感すらも、もう緊張からか何とも思わなかった。

 

エコーを確認しながら、いつもどおり淡々と質問がくる。

 

「出血はどーなんや?」

「続いてますけど、急に大量に出ることはないです。」

「こんだけ小さいからなぁ、自然と出てきそうなんやけどなぁ… まぁでもやっぱり動いてないからな、今から処置するで。」

 

「…はい。」歯を食いしばった。

泣きたくない。 

もぅここで、幸せな生の場で、惨めな涙をできるだけ流したくなかった。

 

膣を洗浄され、ラミナリアが挿入される。

この処置を痛みをほとんど感じないという人と、激痛だという人といるが、私は後者だった。

 

「入りにくいなー、ちょっとひっぱるでごめんなぁー!」

 

「…!!!」

 

声ならない呻き声が出て、一瞬足をバタつかせてしまう。

「あ、動いたらあかん!危ないわ」

 

「うーすいません。」あーあかん、泣けてくる。

 

「いやいや、痛かったやろ、ごめんなぁ。」

 

優しい言葉はさらにあかん。涙が溢れる。

 

そうしているうちに処置は終わった。

最強に痛かった時間は5秒くらいだと思う。 

 

パンツをはいて、横にあるティッシュで鼻をかみ、涙をしっかり拭く。

ちょっと上を向いて深呼吸する。

 

もう涙は出ない。そう自分に確認してから診察室を出る。

 

廊下の中待合ですれ違う妊婦さんが、どうか私の涙の跡に気づきませんように。

足早にまた産婦人科をあとにする。

 

いよいよ明日だ。不安と恐怖で頭がいっぱいだったが、何より自分のお腹に赤ちゃんをもう感じることができないんだということが悲しく、少しでもそのことを考えると涙が出てきてしまった。

 

その日はマンションのお友達のおうちのママの好意に甘えて、晩御飯の後、お風呂から寝る前までこどもたちはお友達のおうちでみてもらった。

 

処置から時間がたつごとに、生理痛の重い感じの腰痛がひどく、ソファーに横たわりボーッと時間が過ぎるのを待った。